スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユタが愛した探偵 怪盗グリフィン絶体絶命

内田康夫著 「ユタが愛した探偵」
内容 浅見光彦シリーズ

感想  浅見光彦はとっとと結婚しろ
    それ以外の感想がねぇっす


法月綸太郎著 「怪盗グリフィン絶体絶命」
感想  こいつは大当たりと思う。
    子供向けに書いたのか、文字は大きいが
    物理的なトリック、人間関係、キャラクター性
    すべてがつじつまのあう作品。
    久しぶりに、作家に興味が持てた。
    今度さがしてこようっと
スポンサーサイト

さらに二冊の本を読んだけれど

夜遅いので後日にかくよ

出生率0

大石圭著  「出生率 0」
内容 地球上で人間のみが子供を産めなくなった
そして9年 
人口はとうとう50億人をきろうとしていた。
そのときの東京のお話

感想
近未来のお話すきなんだよね
それだけで読んでしまう。
うん、意外性は感じなかった。
最近、とんでも内容の本ばっかり読んでいたからかも
しれない。
たぶん、私がこの世界にいても同じような
生き方はしないんだろうなぁと
思ったよ。
それくらいかなぁ

座敷ぼっこ

筒井康隆著 「座敷ぼっこ」
内容 不可思議な伝奇小説とも呼ばれる短編集
私には当たり外れの多い短編集であったが、
それは、一冊の本の中に方向性の違う小説が
沢山 入っているからである。

もうね、文体も書き方も主観も
何もかもが全て方向性が違う感じ
それだけにすっごい当たりにであったりもしたよ

これだから筒井さんの小説はたまに読みたくなる

あと、おいらがSF好きってことにいまさらながら
気が付いた

オフに参加

来たのは俺 一人でしたw

涙w

まぁ、あれです。
今日は人が多くて参加者が把握できなかったというのが
ありましたし、
そもそも、何時にどこどこで待ち合わせ自体が難しいのかと
(メールに慣れた現代人にとっては)
それと同じような世代で同じような格好の人が多すぎたからw

次回は目立つような格好で行きます

何もすすまない~~~~~

少しばかり考える必要もあるかもしれない
読書もしよっと

昔の話

昔、とても仲良かった人がいたのだけれど
その人のブログをみたら、その人の写真があった。
正直、どきっとした。

思い出は美化されるっていうけれど、
昔となにも変わらなかった。


綺麗なものは綺麗

無事合格

フォークリフト合格致しました。
んで約束のお話

約三万円の講習料を払い入校

初日学科
もうね、すごいね。なにがってさ
説明が下手すぎ・・・w

まずは、講習の説明を開始して
あれ?リフトの説明が入って、
講習の説明????????
説明がサンドイッチで意味が分かりません。

そして、講習が開始され、
二時間で二ページの進行スピード
午後はいきなり100ページ

そして、説明が、行きつ戻りつ
内部のエンジンの話から
いきなり事故の話になり、
エンジンに戻ったかと思いきや、
フォークリフトの部位の話に戻り
さらに、事故の話
ギアの話にもどって・・・

頭がスポンジー
で、試験内容は、三回くらい説明した内容が
出てしまうわけでw
試験は合格できたけど
フォークリフトについてはまったく不明という
異常事態

そして、翌日からの実習ですが
こいつがまぁ、面白い

一台のリフトを9人で交代で乗る
結果、乗りなれた数人は5分で一周
乗りなれてない人は数十分

結果、私は一時間に5分しか乗らず
時々休憩もあって、
午前は二回
午後は三回~4回しかのらないという
意味不明状態

だがしか~~~~~~~~し
全員合格!!!!!!!

なぜならば、三日間 同じコースで練習し
同じ内容で試験が行われたからである。


いいのか、日本の倉庫業界・・・

フォークリフトの免許取得中

9人で一台のフォークリフト
拘束時間9時間で
乗った時間30分くらい・・・


詳しくは後日
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。