スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は小旅行

スーツの仕上がりが本日で
五時以降なら受取れるとのことだったので、
小旅行もかねて、うけとりに

まさか裾上げに二日もかかるとは思わず、
全面改装による在庫処分でスーツ一着一万円で
買えるのに手をだしたのが運のつき。

わざわざ一時間半かけていくことになるとは思わず

とまぁ、一時間半かかるのであれば
そのまま通りすぎて、その向うの観光地でも見ていこうかと
で、それで行ったのが、若松寺

花笠音頭にある「めでためでたの若松様よ~」
で有名な縁結びの仏様らしい。

細い山道をうねうねと登り
たどり着いた先が、若松寺。
どうも道の補修をしていたらしく、
通る山道には工事箇所が多数あり、
人や車の往来も若干あったものの、
若松寺はいたって静か。

本来はもっと静かなのでしょうけど

出店もあったけれど
特に何もせずに参拝。独身ですので

ついてまず気がついたのは、
ほのかに漂う線香の香り
誰もいなくても線香をあげているということは
信仰によるものだと思う。

お堂の中は金無垢の、国宝のお堂(らしい)

で、その帰り道に、
道の駅へ。

そこで驚いたのは、その規模の大きさ
県内随一の書店グループの1店舗が丸々一軒あり、
オルゴール館があり、広場があり、森の資料館、
道の駅本体、詰め将棋まである。

で今回はオルゴール館へ。
オルゴール館といえば、小樽のものが有名であるが
あそこは販売するためのものであり、
なおかつ雰囲気のためにほの暗い中での展示であるが、
こちらは、そんなレベルではない。

明るい中できっちりとオルゴールの歴史にそって、
非常に貴重な品々を見て回れるのだ。
さらに、一部(一日に何度か)は、
演奏もしてくれるというのだ。
さらに、その歴史の音をより良く聞こえさせるために、
建物自体を音響効果が最高になるように設計してあるという。

もちろん、販売もしてますが、
気楽に買える品物と、本物の高価なオルゴールまで
各種販売しているという、本当にすごい館でござる。

そして私が行ったときは三時半になるかならないかという、
ぎりぎりの時間。
すると、入館5秒後には、
演奏が始まるとのこと。
さっそく行ってみると、
お客は私一人で、学芸員さんが説明を始め、
ワンツーマンで、各種の説明および、
演奏を行っていただきました。

本当に貴重な体験でした。
私の視線にあわせ、途中で他の説明や、
より詳しい内容の説明も行っていただきました。

ちなみに私の母が一人で行ったときは
30人強のお客さんがいたらしく、
席にすわれないくらいだったとのこと。
本当に私は運が良いです。

で、案内が終わったあと、一人で芸術的な
オルゴールの数々を見ていたところ
次回の案内がはじまるとのこと
ちょこっといってみたら、
そのときもお客さんは一人でしかも
女性、そして年も同じくらい、
照れくさかったので、でてしまいましたが、
良く考えたら、縁があったのかも・・・
まぁ、ないか。
でも縁結びの仏様にあったあとだし・・・
と、下らぬことを考えつつ、帰路へ、

暗い中だったので、若干道間違えて迷いましたが、
面白い一日でした。

そして、日本ハム 日本一おめでとう!!
かげながら応援してました。
感動をありがとう!!
小笠原、ダルビッシュかっこよかった。
新庄剛選手、おつかれさまでした。
感動をありがとう。
アジア大会、がんばってください。

では、おやすみなさい
スポンサーサイト

comment

Secret

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。