スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

んで、昨日の読書の続き

昨日、読みましたのは、
大沢在昌の「帰ってきたアルバイト探偵(アイ)」
でございます。

大沢在昌氏の小説は大学時代に一冊だけ読んで、
ぜんぜん物足りなくて、読まないつもりだったのですが、
「不思議の国のアルバイト探偵(アイ)」
「女王陛下のアルバイト探偵(アイ)」と、
この題名に心を揺さぶられてしまい、
プライベートアイシリーズのみ、ここ一年で読み続け、
今回はこの作品でございました。

「新宿鮫」を読まないのもどうかと思いますが、
私はこのシリーズは大好きです。
なんか納得はいかないものの、
構成というか、なんというか、
どたばたと事態に巻き込まれ、
あれよあれよと、霧の中に立ち入り、
そして、解決に導く、
って当たり前だな。

いや、まぁ、その
作品の裏に隠された大人達の思惑は察することはできても、
事件の真相はまったくもってわからないという、
すばらしさ。
続きはどうなるんだ。
助かるのか!!って気にしながら読んでいくと
あっという間に、読破しちゃいます。

私は、ゆっくり読書するたちなのですが、
今回の作品は4時間ほどで読書いたしました。

そのうち、また読書するかも・・・
スポンサーサイト

comment

Secret

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。