スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見つからぬ、名画

見つからぬ、幻の名画というものが世界にはある。

ある人間が、こういうのだ。
「この画風でこのサインどこかでみたよ」
しかし、現存するすべての絵画には当てはまらない。

そのうちに、どこぞの研究家が、
「どこぞこの時代に書いた~という作品じゃないか」
と、発言しだす。
そして、あるときに、幻の名画、
時価にして、億円単位がひょっこりと・・・

見つかったりするわけだが、

そんなことを発言する、私もどうしても見つけたい絵がある。
そこで、ここで皆様の協力を期待したい。

私の探している絵は、
海外の画家さんの風景画である。
しかも、街の中を描いた作品である。
おそらくフランスあたりの風景だと思うのだが、
カフェがあり、なおかつ、その絵をじっと見ていると
突然、中の絵が立体感を伴ってくるという、
とんでもない名画なのだ。

もちろん、個人所有などではないのだが、
どうしてもどこの美術館で、
なおかつ、画家の名前もおもいだせないのだ。

私が見たのは、5~6年前。
時期的に美術館をゆっくり一人でみていたのは
このころで、あるのと、
記憶の不確かしさが、このころを示している。

場所は
おそらく、山形美術館ではないかと思うのである。
当時の私は、あまり美術館にいけるような身分でも
なかったので、そのあたりはかなり絞れる。
もし、違えば、福島県下の美術館、
岡山県下の美術館まで、範囲を広げることができる。

画家の名前なのであるが、
「シスレー」ではないかと思われたのだが、
(絵の衝撃が強くて名前を覚えていたつもりだが)
検索してみたところ、覚えている絵に該当する
ものが存在していないようなのだ。

私は幻をみたのだろうか。

もしくは、時期を間違えているのだろうか。

時期を間違えているのならば、
場所も、北海道や、宮城県などにもひろげなければならない。
って、富山や、新潟、四国も含まれるわ・・・
最悪だ・・・

鳥取か、もしかしたら・・・

また、ネットの中で探してくる。

では、みなさまのご協力に感謝いたします。
スポンサーサイト

comment

Secret

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。